ビタブリッド

スキンケア

ビタブリッドCフェイスの使い方は?24時間ビタミンCパックで卵肌へ!

ビタブリッドCフェイスはパウダータイプのビタミンCのパックです。

その使い方は

  1. お水または化粧水を手のひらに出します 。
  2. その上にビタブリッドC フェイスを5~6振り(パール2粒大)加え、軽く混ぜて溶かします。
  3. 顔全体にたっぷりとなじませてください。

いつものスキンケアにビタブリッドCフェイスをプラスするだけで、1日中ビタミンCパックが簡単に!

また、水や化粧水以外にもオールインワンジェルやブースターに混ぜて使用することも出来ます。

ビタブリッドCフェイスの使い方を詳しく紹介します。

ビタブリッドCフェイスの詳細は公式サイトから確認できます。
↓↓↓
ビタミンC12時間パック!「ビタブリッドCフェイス」

ビタブリッドCフェイスの使い方

ビタブリッドCフェイスはビタミンCを効率よく肌に浸透させるために、洗顔後すぐに肌に塗布してください。

冒頭でも紹介したように、水か化粧水にビタブリッドCフェイスを混ぜて肌に馴染ませます。

その後、乳液、クリームなどを使用します。

ビタミンCには皮脂の分泌を抑える作用があるため、乳液やクリーム等の保湿化粧品を使用し、必ず 保湿してください。

また、一度塗るとビタミンCパックが12時間持続するため、朝夕 使用することで一日中ビタミン Cパックを続けることができます。

なお、スキンケアの方法は人によって様々。

そこで、水や化粧水以外の使用方法を紹介します。

オールインワンジェル に混ぜて使う

普段のスキンケアにオールインワンジェルを使用している人は、水や化粧水と同じようにオールインワンジェルに混ぜて使うことができます。

まれに、ビタブリッドC フェイスのビタミンCとジェルに含まれている化粧品に物理変化が起こり、オールインワンジェルが水っぽく変化することがあります。

しかし、成分に変化はなく、品質上の問題もないため、安心して使用してください。

ブースターに混ぜて使う

化粧水の前にブースターを使用している方は、ブースターに混ぜて使用してください。

ブースターの使用量が少ない場合にはビタブリッドCフェイスが溶かしきれないため、次に使う化粧水に混ぜて使用してください。

また、ブースターがオイル(油分)の場合にはビタブリッドCフェイスとの相性があまり良くないため、先に水に混ぜて肌に馴染ませてからブースターを使用してください。

シートパックを使用する場合

洗顔後にビタブリッドCフェイスをお水(または化粧水)と混ぜて肌に馴染ませます。

その後、肌に馴染んだらいつも通りにシートパックやマスクを使用します。

まれにマスクが薄黄色く変色する場合がありますが、マスクに付着したビタミンCが酸化還元現象を起こして変色したためと考えられます。

変色が効果に大きく影響することはありませんので、安心してそのまま使用してください。

ビタブリッドCフェイスと組み合わせが良くないものは?

ビタブリッドCフェイスはオイル分(油分)との相性はよくありません。

油性のスキンケアを先に使用すると、肌に油性の膜ができ、ビタブリッドCフェイスの成分が肌へ浸透しづらくなります。

油分のスキンケアをする前に、水か化粧水に混ぜて、肌に馴染ませてから油分のスキンケアをすることをお勧めします。

ビタブリッドCフェイスの使い方のまとめ

ビタブリッドCフェイスはいつものスキンケアにプラスして使用出来るパウダータイプのビタミンCパックです。

使い方は、水や化粧水に混ぜて使用します。

オールインワンジェルやブースターに混ぜても使用出来ます。

ビタブリッドCフェイスは油分との相性が悪いため、オイルタイプのスキンケアをする前に使用してください。

24時間のビタミンCパックを体験してみませんか?

ビタブリッドCフェイスの公式サイトはこちらから確認できます。
↓↓↓
ビタミンC12時間パック!「ビタブリッドCフェイス」

-スキンケア
-

© 2021 キレイになりたい!いつまでも Powered by AFFINGER5